Home > 基礎 > H19-2-基礎-4-1

H19-2-基礎-4-1

図において、電気通信回線への入力レベルが-8デシベル、その伝送損失が1キロメートル当たり[  ]デシベル、増幅器の利得が30デシベルのとき、端子a-bでの受信レベルは、-2デシベルである。ただし、入出力各部のインピーダンスは整合しているものとする。


1:1.0

2:1.2

3:1.4

答:2

a-b間の受信レベルは、以下の式で表すことができる。

受信レベル[-2]dB=入力レベル[-8]dB+増幅利得[30]dB-伝送損失[  ]dB

伝送損失[  ]dB=入力レベル[-8]dB+増幅利得[30]dB-受信レベル[-2]dB

よって伝送損失は24dBであることがわかる。

電気通信回線の長さは20kmであるので、1km当たりの伝送損失は、24dB÷20km=1.2dBとなる。

スポンサーリンク

Home > 基礎 > H19-2-基礎-4-1

Page Top

© 2011-2017 過去問.com