Home > 技術及び理論 > H18-2-技術及び理論-4-1

H18-2-技術及び理論-4-1

通信線路がすべて[  ]配線となっており、強電流電線との混触又は雷等により人体に危害を及ぼすなどのおそれがない場合には、保安装置を設置する必要はない。

1:露出

2:架空

3:地下

答:3

通信線路がすべて[地下]配線となっており、強電流電線との混触又は雷等により人体に危害を及ぼすなどのおそれがない場合には、保安装置を設置する必要はない。

スポンサーリンク

Home > 技術及び理論 > H18-2-技術及び理論-4-1

Page Top

© 2011-2017 過去問.com