Home > 技術及び理論 > H18-1-技術及び理論-4-2

H18-1-技術及び理論-4-2

屋内のケーブル配線について述べた次の二つの記述は、[  ]。

A コンピュータ室、通信機械室、事務室などにおいて、通信線などの配線のため用いられる二重床構造は、フリーアクセスフロアといわれる。

B フロアダクト配線工事において、フロアダクトが交差するところには、通常、ジャンクションボックスが配置される。

1:Aのみ正しい

2:Bのみ正しい

3:AもBも正しい

4:AもBも正しくない

答:3

A 正しい。コンピュータ室、通信機械室、事務室などにおいて、通信線などの配線のため用いられる二重床構造は、フリーアクセスフロアといわれる。

B 正しい。フロアダクト配線工事において、フロアダクトが交差するところには、通常、ジャンクションボックスが配置される。

スポンサーリンク

Home > 技術及び理論 > H18-1-技術及び理論-4-2

Page Top

© 2011-2017 過去問.com