Home > 第三種冷凍機械責任者とは

スポンサーリンク

第三種冷凍機械責任者とは

第三種冷凍機械責任者

■高圧ガス保安法に基づく国家資格である。
■冷凍機械責任者は、冷凍にかかわる高圧ガスを製造する施設において保安の業務を行う。
■冷凍機械責任者には第一種、第二種、第三種の区分があり、それぞれにおいて職務範囲が異なる。
第一種:全ての製造施設における製造にかかわる保安
第二種:1日の冷凍能力が300t未満の製造施設における製造にかかわる保安
第三種:1日の冷凍能力が100t未満の製造施設における製造にかかわる保安

第三種冷凍機械責任者試験

■試験を実施しているのは、高圧ガス保安協会。
■受験資格に制限はない。
■試験科目は、高圧ガス保安法に係る法令、冷凍のための高圧ガスの製造に必要な初歩的な保安管理の技術の2科目。
■高圧ガス保安協会が実施している講習を修了した場合には、試験の一部科目(保安管理技術)が免除になる。
■出題形式は、5肢択一式。
■合格率は、全科目受験で25.9%、科目免除で94.2%(平成27年度)。

スポンサーリンク

Home > 第三種冷凍機械責任者とは

Page Top

© 2011-2017 過去問.com