Home > H28後期問題と解答・解説 > 労働生理

スポンサーリンク

労働生理

H28後期-問21

呼吸に関する次の記述のうち、誤っているものはどれか。

1:呼吸運動は、気管と胸膜の協調運動によって、胸郭内容積を周期的に増減させて行われる。

2:胸郭内容積が増し、その内圧が低くなるにつれ、鼻腔や気管などの気道を経て肺内へ流れ込む空気が吸気である。

3:肺胞内の空気と肺胞を取り巻く毛細血管中の血液との間で行われる酸素と二酸化炭素のガス交換を肺呼吸又は外呼吸という。

4:全身の毛細血管中の血液が各組織細胞に酸素を渡して二酸化炭素を受け取るガス交換を内呼吸又は組織呼吸という。

5:血液中の二酸化炭素濃度が増加すると、呼吸中枢が刺激され、肺でのガス交換の量が多くなる。

解答と解説

H28後期-問22

心臓の働きと血液の循環に関する次の記述のうち、誤っているものはどれか。

1:心臓の中にある洞結節(洞房結節)で発生した刺激が、刺激伝導系を介して心筋に伝わることにより、心臓は規則正しく収縮と拡張を繰り返す。

2:体循環は、左心室から大動脈に入り、毛細血管を経て静脈血となり右心房に戻ってくる血液の循環である。

3:肺循環は、右心室から肺静脈を経て肺の毛細血管に入り、肺動脈を通って左心房に戻る血液の循環である。

4:心筋は人間の意志によって動かすことができない不随意筋であるが、随意筋である骨格筋と同じ横紋筋に分類される。

5:大動脈及び肺静脈を流れる血液は、酸素に富む動脈血である。

解答と解説

H28後期-問23

神経系に関する次の記述のうち、誤っているものはどれか。

1:神経系を構成する基本的な単位である神経細胞は、通常、1個の細胞体、1本の軸索、複数の樹状突起から成り、ニューロンともいわれる。

2:有髄神経線維は、無髄神経線維より神経伝導速度が速い。

3:大脳の内側の髄質は神経細胞の細胞体が集合した灰白質で、感覚、運動、思考などの作用を支配する中枢として機能する。

4:末梢神経系において神経細胞の細胞体が集合している部分を神経節という。

5:交感神経と副交感神経は、同一器官に分布していても、ほぼ相反する作用をする。

解答と解説

H28後期-問24

次のAからDまでの消化酵素について、蛋白質の消化に関与しているものの組合せは1~5のうちどれか。

A リパーゼ

B ペプシン

C アミラーゼ

D トリプシン

1:A、B

2:A、C

3:B、C

4:B、D

5:C、D

解答と解説

H28後期-問25

血液に関する次の記述のうち、誤っているものはどれか。

1:赤血球は、骨髄で産生され、寿命は約120日であり、血液の中で最も多い。

2:血液中に占める赤血球の容積の割合をヘマトクリットといい、貧血になるとその値は高くなる。

3:好中球は、白血球の約60%を占め、偽足を出してアメーバ様運動を行い、体内に侵入してきた細菌などを貪食する。

4:血小板は、直径2~3μmの不定形細胞で、止血作用をもつ。

5:ABO式血液型は、赤血球の血液型分類の一つで、A型の血清は抗B抗体をもつ。

解答と解説

H28後期-問26

腎臓又は尿に関する次のAからDまでの記述について、誤っているものの組合せは1~5のうちどれか。

A 腎臓の皮質にある腎小体では、糸球体から血液中の血球及び糖以外の成分がボウマン嚢に濾し出され、原尿が生成される。

B 腎臓の尿細管では、原尿に含まれる大部分の水分及び身体に必要な成分が血液中に再吸収され、残りが尿として生成される。

C 尿は淡黄色の液体で、固有の臭気を有し、通常、弱アルカリ性である。

D 尿の約95%は水分で、約5%が固形物であるが、その成分は全身の健康状態をよく反映するので、尿検査は健康診断などで広く行われている。

1:A、B

2:A、C

3:A、D

4:B、C

5:C、D

解答と解説

H28後期-問27

視覚に関する次の記述のうち、誤っているものはどれか。

1:遠距離視力検査は、一般に、5mの距離で実施する。

2:ヒトの眼は、硝子体の厚さを変えることにより焦点距離を調節して網膜の上に像を結ぶようにしている。

3:角膜が歪んでいたり、表面に凹凸があるために、眼軸などに異常がなくても、物体の像が網膜上に正しく結ばないものを乱視という。

4:網膜には、錐状体と杆状体の2種類の視細胞がある。

5:明るいところから急に暗いところに入ると、初めは見えにくいが暗順応によって徐々に見えるようになる。

解答と解説

H28後期-問28

疲労などに関する次の記述のうち、誤っているものはどれか。

1:産業疲労は、疲労徴候の現れ方により、急性疲労、慢性疲労、日周性疲労などに分類することができる。

2:産業疲労は、生体に対する労働負荷が大きすぎることによって引き起こされるが、その回復や蓄積は、日常生活ともかかわっている。

3:作業の各局面で生じる疲労を後へ持ち越さないようにすることは、産業疲労の対策として大切なことである。

4:近年の職場では、全身疲労のみならず、体の一部の筋肉を使うVDT作業などによる局所疲労が問題となっている。

5:身体活動強度(メッツ)は、身体活動の強さが軽作業時の何倍に相当するかを表す単位である。

解答と解説

H28後期-問29

ストレスに関する次のAからDまでの記述について、誤っているものの組合せは1~5のうちどれか。

A 外部環境からの刺激(ストレッサー)は、その形態や程度にかかわらず、自律神経系と内分泌系を介して、心身の活動を抑圧する。

B ストレス反応には、ノルアドレナリン、アドレナリンなどのカテコールアミンや副腎皮質ホルモンが深く関与している。

C ストレス反応には、個人差がほとんどない。

D ストレスにより、自律神経系と内分泌系のバランスが崩れ、精神神経科的疾患、内科的疾患などを招く場合がある。

1:A、B

2:A、C

3:B、C

4:B、D

5:C、D

解答と解説

H28後期-問30

体温調節に関する次の記述のうち、誤っているものはどれか。

1:寒冷にさらされ体温が正常以下になると、皮膚の血管が収縮して血流量が減って、放熱が減少する。

2:高温にさらされ体温が正常以上に上昇すると、内臓の血流量が増加し、体内の代謝活動が亢進することにより、人体からの放熱が促進される。

3:体温調節にみられるように、外部環境などが変化しても身体内部の状態を一定に保とうとする性質を恒常性(ホメオスタシス)という。

4:計算上、100gの水分が体重70kgの人の体表面から蒸発すると、気化熱が奪われ、体温を約1℃下げることができる。

5:放熱は、ふく射(放射)、伝導、蒸発などの物理的な過程で行われ、蒸発には、発汗と不感蒸泄によるものがある。

解答と解説

スポンサーリンク

Home > H28後期問題と解答・解説 > 労働生理

Page Top

© 2011-2017 過去問.com