Home > 労働衛生(有害業務) > H18前期-問11

H18前期-問11

職業性疾病に関する次の記述のうち、誤っているものはどれか。

1:潜水業務における減圧症は、浮上後に発症しやすい。

2:騒音性難聴では、通常の会話音より高い音から聞こえにくくなる。

3:振動障害の特徴的な症状の一つであるレイノー現象(白指発作)は、冬期に現れやすい。

4:凍傷とは、0℃以下の寒冷による組織の凍結壊死をいう。

5:金属熱は、金属を溶解する作業などに長時間従事した際に、高温により体温調節機能が障害を受けたために起こる。

答:5

1:正しい。潜水業務における減圧症は、浮上後に発症しやすい。

2:正しい。騒音性難聴では、通常の会話音より高い音から聞こえにくくなる。

3:正しい。振動障害の特徴的な症状の一つであるレイノー現象(白指発作)は、冬期に現れやすい。

4:正しい。凍傷とは、0℃以下の寒冷による組織の凍結壊死をいう。

5:誤り。金属熱は、ヒューム(金属の蒸気)の吸入により、だるさ、関節痛、悪寒、呼吸困難、嘔吐、発熱、頭痛などの症状が現れるものであり、熱中症とは異なる。

スポンサーリンク

Home > 労働衛生(有害業務) > H18前期-問11

Page Top

© 2011-2018 過去問.com