Home > H28後期問題と解答・解説 > ボイラーの取扱い(A11~A20)

スポンサーリンク

ボイラーの取扱い(A11~A20)

H28後期-A-問11

ボイラーの運転中の取扱いに関し、誤っているものは次のうちどれか。

1:二組の水面計の水位を対比し、差異を認めたときは、水面計の機能試験を行う。

2:水面計の水位に全く動きがないときは、元弁が閉まっているか又は水側連絡管に詰まりが生じている可能性があるので、直ちに水面計の機能試験を行う。

3:燃焼量を増すときは、空気量を先に増してから燃料供給量を増す。

4:炉筒煙管ボイラーの安全低水面は、煙管最高部より炉筒が高い場合は、煙管最高部の上75mmの位置とする。

5:給水ボンプ出口側の圧力計により給水圧力を監視し、ボイラーの圧力との差が増加気味のときは、給水管路が詰まっていないか調べる。

解答と解説

H28後期-A-問12

ボイラーにおけるキャリオーバに関し、誤っているものは次のうちどれか。

1:キャリオーバは、蒸気室負荷が大きいと生じやすい。

2:シリカは、蒸気圧力が高いほど、また、ボイラー水中のシリカ濃度が高いほど飽和蒸気に溶解しやすい。

3:プライミングやホーミングが急激に生じると、水位が上がったものと水位制御装置が認識し、低水位事故を起こすおそれがある。

4:キャリオーバが生じ、過熱器にボイラー水が入ると、蒸気温度が低下したり、過熱器管が焼損することがある。

5:ホーミングが生じたときは、主蒸気弁を全開にしてボイラー内の泡立ちを早くなくすようにする。

解答と解説

H28後期-A-問13

ボイラーの燃焼の異常に関し、誤っているものは次のうちどれか。

1:不完全燃焼による未燃のすすが、燃焼室以外の燃焼ガス通路で燃焼することがあり、これを「スートファイヤ」という。

2:燃焼中に、燃焼室又は煙道内で連続的な低周波のうなりを発する現象を「かまなり」という。

3:「かまなり」の原因としては、燃焼によるもの、ガスの偏流によるもの、渦によるものなどが考えられる。

4:火炎が息づく原因としては、燃料油圧や油温の変動、燃料調整弁や風量調節用ダンパのハンチングなどが考えられる。

5:火炎が長すぎる場合は、空気の過剰、燃料と空気の撹拌不良、バーナノズル部の不良などが考えられる。

解答と解説

H28後期-A-問14

ボイラーの水面計及び圧力計の取扱いに関し、誤っているものは次のうちどれか。

1:運転開始時の水面計の機能試験は、残圧がある場合は圧力が上がり始めたときに行い、残圧がない場合は点火直前に行う。

2:水面計を取り付ける水柱管の水側連絡管は、ボイラー本体から水柱管に向かって下がり勾配となる配管を避ける。

3:水面計が水柱管に取り付けられている場合、連絡管の途中にある止め弁は全開にし、弁のハンドルを取り外しておく。

4:圧力計のサイホン管の垂直部にはコックを取り付け、ハンドルが管軸と同じ方向のときにコックが開くようにする。

5:圧力計は、原則として毎年1回、圧力計試験機による試験を行うか、試験専用の圧力計を用いて比較試験を行う。

解答と解説

H28後期-A-問15

ボイラーのばね安全弁の調整及び試験に関し、誤っているものは次のうちどれか。

1:安全弁の吹出し圧力が設定圧力よりも低い場合は、いったんボイラーの圧力を設定圧力の80%程度まで下げ、調整ボルトを締めて、再度、試験をする。

2:ボイラー本体に安全弁が2個ある場合は、1個を最高使用圧力以下で先に作動するように調整し、他の1個を最高使用圧力の3%増以下で作動するように調整することができる。

3:過熱器用安全弁は、過熱器の焼損を防ぐため、ボイラー本体の安全弁より先に作動するように調整する。

4:最高使用圧力の異なるボイラーが連絡している場合で、各ボイラーの安全弁をそれぞれの最高使用圧力に調整したいときは、圧力の高いボイラー側に蒸気逆止め弁を設ける。

5:安全弁の手動試験は、最高使用圧力の75%以上の圧力で行う。

解答と解説

H28後期-A-問16

ボイラーのスートブローに関し、誤っているものは次のうちどれか。

1:スートブローは、主としてボイラーの水管外面などに付着するすすの除去を目的として行う。

2:スートブローの蒸気は、ドレンを含んだものを用いる。

3:スートブローは、最大負荷よりやや低い負荷のところで行う。

4:スートブローは、一箇所に長く吹き付けないようにして行う。

5:スートブロワが複数の場合は、原則として燃焼ガスの流れに沿って上流側からスートブローを行う。

解答と解説

H28後期-A-問17

水質に関し、誤っているものは次のうちどれか。
なお、Lはリットルである。

1:常温(25℃)でpHが7未満は酸性、7は中性、7を超えるものはアルカリ性である。

2:カルシウム硬度は、水中のカルシウムイオンの量を、これに対応する炭酸カルシウムの量に換算して試料1L中のmg数で表す。

3:濁度は、水中に懸濁する不純物によって水が濁る程度を示すもので、濁度1度は、精製水1Lに白陶土(カオリン)1mgを含む濁りである。

4:酸消費量(pH4.8)を測定する場合は、フェノールフタレイン溶液を指示薬として用いる。

5:電気伝導率は、その単位S/m、mS/m、μS/mなどで表され、ボイラー水の電気伝導率を測定することにより、水中の電解質の濃度の概略値を求めることができる。

解答と解説

H28後期-A-問18

単純軟化法によるボイラー補給水の処理に関し、誤っているものは次のうちどれか。

1:単純軟化法では、水中のカルシウム及びマグネシウムを除去することができる。

2:軟化装置は、水を強酸性陽イオン交換樹脂を充填したNa塔に通過させて、水中の硬度成分を取り除くものである。

3:軟化装置による処理水の残留硬度は、貫流点を超えると著しく増加してくる。

4:軟化装置の強酸性陽イオン交換樹脂の再生は、逆洗及び水洗の2工程で行う。

5:軟化装置の強酸性陽イオン交換樹脂は、1年に1回程度、鉄分による汚染などを調査し、樹脂の洗浄及び補充を行う。

解答と解説

H28後期-A-問19

蒸発量が240kg/hの炉筒煙管ボイラーに塩化物イオン濃度が15mg/Lの給水を行い、10kg/hの連続吹出しを行う場合、ボイラー水の塩化物イオン濃度の値は、次のうちどれか。
なお、Lはリットルである。

1:153mg/L

2:167mg/L

3:345mg/L

4:365mg/L

5:375mg/L

解答と解説

H28後期-A-問20

ボイラーの腐食、劣化及び損傷に関し、誤っているものは次のうちどれか。

1:苛性ぜい化は、管と管穴の間などの狭い隙間にボイラー水が浸入し、濃縮されてアルカリ濃度が高くなったときに、金属面の結晶粒界に割れが生じる現象である。

2:圧壊は、円筒又は球体の部分が外側からの圧力に耐えきれずに急激に押しつぶされて裂ける現象で、過熱された炉筒上面などに生じる。

3:グルービングは、不連続な溝状の腐食で、主として水に溶存する二酸化炭素の作用により生じる。

4:膨出は、火炎に触れる水管などが過熱されて強度が低下し、内部の圧力に耐えきれずに外側へ膨れ出る現象である。

5:鋳鉄製ボイラーのセクションに割れが生じる原因は、無理な締付け、不均一な加熱、急熱急冷による不同膨張などである。

解答と解説

スポンサーリンク

Home > H28後期問題と解答・解説 > ボイラーの取扱い(A11~A20)

Page Top

© 2011-2017 過去問.com