Home > H25前期問題と解答・解説 > ボイラーの取扱い(A11~A20)

スポンサーリンク

ボイラーの取扱い(A11~A20)

H25前期-A-問11

ボイラーの起動、圧力上昇時の取扱いに関し、次のうち誤っているものはどれか。

1:常温の水からたき始めるときの圧力上昇は、初めは速く、次第に遅くなるようにして、ボイラー本体各部の温度上昇が平均するようにする。

2:空気予熱器に漏れ等を生じさせないため、燃焼初期はできる限り低燃焼とし、低燃焼中は空気予熱器の出口ガス温度を監視して、空気予熱器内での異常燃焼を防ぐ。

3:水循環装置のあるエコノマイザでは、燃焼ガスを通す前に、エコノマイザ出口から給水タンクへの循環ラインを開放し、内部の水を循環させる。

4:ボイラー水の温度が高くなっていくと、水位が上昇するので、ボイラー水を排出して常用水位に戻す。

5:ボイラー水の温度が上昇し、蒸気が十分発生してから、空気抜き弁を閉じる。

解答と解説

H25前期-A-問12

キャリオーバに関し、次のうち誤っているものはどれか。

1:キャリオーバは、蒸気室負荷が小さいと生じやすい。

2:シリカは、蒸気圧力が高いほど、また、ボイラー水中のシリカ濃度が高いほど、飽和蒸気に溶解しやすい。

3:プライミングやホーミングが急激に生じると、水位が上がったものと水位制御装置が認識し、低水位事故を起こすおそれがある。

4:キャリオーバが生じ、過熱器にボイラー水が入ると、蒸気温度が低下したり、過熱器管が焼損することがある。

5:キャリオーバが生じたときは、燃焼量を減じる。

解答と解説

H25前期-A-問13

ボイラーの送気開始時及び運転中の取扱いに関し、次のうち誤っているものはどれか。

1:送気開始時は、暖管を十分に行った後、主蒸気弁を段階的に少しずつ最後まで開き、弁を全開状態にした後、少し戻して送気する。

2:水面計の水位は、運転中絶えず上下方向にかすかに動いているのが普通であるが、二組の水面計の水位を対比し、相違のないことを確認する。

3:水面計の水位に全く動きがないときは、元弁が閉まっているか又はどこかに詰まりを生じている可能性があるので、直ちに水面計の機能試験を行う。

4:ボイラーの水位はできるだけ一定に保つように努め、どうしても水位が低下する場合は燃焼を抑えて、原因を調べる。

5:給水ポンプ出口側の圧力計により給水圧力を監視し、ボイラーの圧力との差が減少気味のときには、給水管路が詰まっていないか調べる。

解答と解説

H25前期-A-問14

間欠ブロー(吹出し)に関し、次のうち誤っているものはどれか。

1:運転中に水冷壁のブローを行うと、水循環を乱して水管を過熱させることがある。

2:炉筒煙管ボイラーの底部からブローを行う場合は、ボイラーを運転する前や負荷が軽いときに行う。

3:ブロー弁又はブローコックを操作する者が水面計の水位を直接見ることができない場合には、水面計の監視者と共同で合図しながらブローを行う。

4:直列に設けられている2個のブロー弁やブローコックを開くときは、ボイラーから遠い方のブロー弁やブローコックを先に操作する。

5:暖房用鋳鉄製蒸気ボイラーでは、復水のほとんどを回収し再び給水するので、スラッジの生成は極めて少なく、ブローを行う必要がない。

解答と解説

H25前期-A-問15

水面計又は圧力計の取扱いに関し、次のうち誤っているものはどれか。

1:運転開始時の水面計の機能試験は、残圧がある場合は点火直前に行い、残圧がない場合は圧力が上がり始めたときに行う。

2:水面計を取り付ける水柱管の水側連絡管は、ボイラー本体から水柱管に向かって下がり勾配となる配管を避ける。

3:水面計のコックを開くときは、ハンドルが管軸と直角方向になるようにする。

4:水柱管の水側連絡管の角曲がり部には、プラグの穴を設けてはならない。

5:圧力計は、原則として、毎年1回、圧力計試験機による試験を行うか、試験専用の圧力計を用いて比較試験を行う。

解答と解説

H25前期-A-問16

水位制御器の点検・整備に関し、次のうち誤っているものはどれか。

1:熱膨張管式水位調整装置の熱膨張管の水側は、1日に1回以上ドレン弁を開いてブローする。

2:電極式水位検出器では、検出筒内の水のブローを1日に1回以上行い、水の純度を高く維持して電気伝導率の上昇を防ぐ。

3:電極式水位検出器の検出筒の分解・掃除の際には、電極棒を細か目のサンドペーパーで磨き、電流を通しやすくする。

4:フロート式水位検出器では、1年に2回程度、フロート室を分解し、フロート室内のスラッジやスケールを除去する。

5:フロート式水位検出器のマイクロスイッチ端子間の電気抵抗は、スイッチ閉のときは抵抗がゼロで、開のときは無限大であることをテスターでチェックする。

解答と解説

H25前期-A-問17

ボイラー休止中の保存法に関し、次のうち誤っているものはどれか。

1:乾燥保存法では、ボイラー内に蒸気や水が浸入しないように蒸気管及び給水管のフランジ継手部に閉止板を挟むなどにより確実に外部との連絡を絶つ。

2:乾燥保存法では、吸湿剤として活性アルミナ、シリカゲルなどを容器に入れてボイラー内の数箇所に置き、ボイラーを密閉する。

3:短期満水保存法では、ボイラーの停止前にボイラー水の分析を行い、pH、りん酸イオン、ヒドラジンなどを標準値の上限近くに保持する。

4:短期満水保存法により5日間程度の期間保存するときは、スラッジなどを排出した後、薬液注入を併用しつつ給水を行い、満水にする。

5:長期満水保存法で1か月以上の期間保存する場合、窒素によるシールを併用する方法をとると、空気予熱器に対しては防食効果があるが、エコノマイザに対しては防食効果がない。

解答と解説

H25前期-A-問18

水質に関し、次のうち誤っているものはどれか。

1:常温(25℃)でpHが7未満は酸性、7は中性、7を超えるものはアルカリ性である。

2:硬度は、水中のカルシウムイオン及びマグネシウムイオンの量を、これに対応する炭酸カルシウムの量に換算して表す。

3:濁度は、水中に懸濁する不純物によって水が濁る程度を示すもので、濁度1度は精製水1Lに白陶土(カオリン)1mgを含む濁りである。

4:酸消費量(pH4.8)を測定する場合は、フェノールフタレイン溶液を指示薬として用いる。

5:電気伝導率は、その単位がS/m、mS/mやμS/mで表され、ボイラー水の電気伝導率を測定することにより、水中の電解質の濃度の概略値を求めることができる。

解答と解説

H25前期-A-問19

単純軟化法によるボイラー補給水処理に関し、次のうち誤っているものはどれか。

1:単純軟化法では、給水中のシリカ及び塩素イオンを除去することができる。

2:軟化装置は、給水中の硬度成分を除去する最も簡単な装置で、低圧ボイラーに多く使用されている。

3:軟化装置による処理水の残留硬度は、貫流点を超えると著しく増加してくる。

4:軟化装置の強酸性陽イオン交換樹脂が交換能力を減じた場合、一般には食塩水で再生を行う。

5:軟化装置の強酸性陽イオン交換樹脂は、1年に1回程度鉄分による汚染などを調査し、樹脂の洗浄及び補充を行う。

解答と解説

H25前期-A-問20

ボイラーの内面腐食に関し、次のうち誤っているものはどれか。

1:給水中に含まれる溶存気体のO2やCO2は、鋼材の腐食の原因となる。

2:腐食は、一般に電気化学的作用により生じる。

3:アルカリ腐食は、高温のボイラー水中で濃縮した水酸化ナトリウムと鋼材が反応して生じる。

4:局部腐食には、ピッチング、グルービングなどがある。

5:ボイラー水のpHを中性に調整することによって、腐食を抑制する。

解答と解説

スポンサーリンク

Home > H25前期問題と解答・解説 > ボイラーの取扱い(A11~A20)

Page Top

© 2011-2017 過去問.com