Home > H22後期問題と解答・解説 > ボイラーの取扱い(A11~A20)

スポンサーリンク

ボイラーの取扱い(A11~A20)

H22後期-A-問11

ボイラーの点火操作に関し、次のうち正しいものはどれか。

1:手動操作による点火では、A重油は噴霧が良くなるように50~60℃に加熱する。

2:バーナが上下に2基配置されている場合の手動操作による点火は、上方のバーナから点火する。

3:ガスだきボイラーでは、できるだけ火力の小さい点火用火種を使用して点火する。

4:自動起動によるボイラーの直接点火方式は、パイロットバーナを用いずスパーク式の電気点火装置により直接主バーナに点火する。

5:自動起動で着火しない場合、水位、油圧、油温、バーナ燃焼域との関連によりインタロックが作動していることが多いので、手動に切り替えて点火する。

解答と解説

H22後期-A-問12

ボイラーの運転中の取扱いに関し、次のうち誤っているものはどれか。

1:水面計の水位は、運転中絶えず上下方向にかすかに動いているのが普通であるが、水面計の機能試験の励行と、常時、水位を監視することが重要である。

2:水面計の水位に全く動きがないときは、元弁が閉まっているか又はどこかに詰まりを生じている可能性があるので、直ちに機能試験を行う。

3:水位はできるだけ変動しないように努め、どうしても水位が低下する場合は燃焼を抑え、原因を調べる。

4:給水ポンプ出口側の圧力計により給水圧力を監視し、ボイラーの圧力との差が増加気味のときには、給水管路が詰まっていないか調べる。

5:送気を始めるときは、主蒸気弁を段階的に少しずつ最後まで開き、弁を全開状態にして送気する。

解答と解説

H22後期-A-問13

安全弁の調整に関し、次のうち誤っているものはどれか。

1:最高使用圧力の異なるボイラーを連絡している場合の安全弁の調整は、最高使用圧力の最も低いボイラーを基準に調整する。

2:吹出し圧力が設定圧力より低い場合は、一旦ボイラーの圧力を設定圧力の80%程度まで下げ、調整ボルトを締めて吹出し圧力を上昇させる。

3:蒸気が過熱器に流入しすぎて過熱器が焼損することを防ぐため、過熱器の安全弁よりボイラー本体の安全弁が先に作動するように調整する。

4:エコノマイザの出口に取り付ける安全弁(逃し弁)は、ボイラー本体の安全弁より高い圧力で作動するように調整する。

5:安全弁の手動試験は、最高使用圧力の75%以上の圧力で行う。

解答と解説

H22後期-A-問14

圧力計、水面計の取扱いに関し、次のうち誤っているものはどれか。

1:水面計の機能試験は、たき始めに圧力がある場合は点火直前に行い、圧力がない場合は圧力の上がり始めたときに行う。

2:水柱管の水側連絡管は、ドラムから水柱管に向かって下がり勾配となる配管を避け、角曲り部にはプラグを設ける。

3:水面計とボイラー間の弁やコックは、ボイラー使用中、全開となっていることを確かめる。

4:圧力計の位置がボイラー本体から離れており、長い連絡管を使用する場合は、連絡管の途中に止め弁を設けてはならない。

5:圧力計は、原則として、毎年1回、圧力計試験機による試験を行うか、試験専用の圧力計を用いて比較試験を行う。

解答と解説

H22後期-A-問15

キャリオーバに関し、次のうち正しいものはどれか。

1:プライミングやホーミングが発生したときは、燃焼量を増やす。

2:ホーミングが発生したときは、主蒸気弁を大きく開いてボイラー内の泡立ちを早くなくすようにする。

3:プライミングは、ボイラーの水位が低下すると発生しやすい。

4:シリカは、蒸気圧力が低いときほど、また、ボイラー水中のシリカ濃度が高いときほど飽和蒸気に溶解しやすい。

5:キャリオーバが生じ、過熱器にボイラー水が入ると、蒸気温度が低下したり、過熱器管が焼損することがある。

解答と解説

H22後期-A-問16

間欠吹出し(ブロー)に関し、次のうち誤っているものはどれか。

1:1人で2基以上のボイラーの吹出しを同時に行ってはならない。

2:ボイラー底部から吹出しを行う場合は、ボイラーを運転する前や燃焼が最も軽いときに行う。

3:吹出し弁又はコックを操作する者が水面計の水位を直接見ることができない場合には、水面計の監視者と共同で合図しながら吹出しを行う。

4:直列に設けられている2個の吹出し弁やコックを閉じる場合は、ボイラーに近いほうに設けられている弁やコックを先に操作する。

5:鋳鉄製蒸気ボイラーでは、復水のほとんどを回収し、スラッジの生成が極めて少ないので、吹出しを行う必要はない。

解答と解説

H22後期-A-問17

水質に関し、次のうち誤っているものはどれか。

1:水が酸性かアルカリ性かは、水中の水素イオン濃度(H+)と水酸化物イオン濃度(OH-)により定まるが、この程度を表示する方法として水素イオン指数pHが用いられる。

2:硬度は、水中のカルシウムイオン及びマグネシウムイオンの量を、これに対応するマグネシウムの量に換算して表わす。

3:濁度は、水中に懸濁する不純物によって水が濁る程度を示すもので、濁度1度は蒸留水1リットルに白陶土(カオリン)1mgを含む濁りである。

4:酸消費量は、中和するときのpHにより、酸消費量(pH4.8)と酸消費量(pH8.3)とがある。

5:酸消費量(pH8.3)を測定する場合は、フェノールフタレインを指示薬として用いる。

解答と解説

H22後期-A-問18

給水中に含まれる酸素、二酸化炭素などの溶存気体を除去する方法に関し、次のうち誤っているものはどれか。

1:膜脱気法は、高分子気体透過膜の片側に水を供給し、反対側を真空にして、溶存気体を除去する方法である。

2:真空脱気法は、水を真空雰囲気にさらすことによって溶存気体を除去する方法である。

3:加熱脱気法は、水を加熱して、酸素、二酸化炭素などの溶存気体の溶解度を減少させて除去する方法である。

4:窒素置換脱気法は、ミキサーなどで水に窒素を吹き込むことにより、酸素の分圧を上げて、溶存酸素を除去する方法である。

5:化学的脱気法は、脱酸素剤としてタンニンや亜硫酸ナトリウムなどを用いて、溶存酸素を除去する方法である。

解答と解説

H22後期-A-問19

ボイラーの保存法に関し、次のうち誤っているものはどれか。

1:乾燥保存法では、ボイラー内に蒸気や水が浸入しないよう、蒸気管及び給水管のフランジ継手部に閉止板を挟むなどにより確実に外部との連絡を絶つ。

2:乾燥保存法では、吸湿剤としてシリカゲル等を容器に入れて、ボイラー内の数箇所に置きボイラーを密閉する。

3:短期満水保存法では、ボイラーの停止前にボイラー水の分析を行い、りん酸イオン、ヒドラジン、亜硫酸イオンなどを標準値の下限近くに保持する。

4:短期満水保存法では、スラッジなどを排出した後、薬液注入を併用しつつ、空気抜き弁からあふれる水の中に気体の混入が認められなくなるまで給水を行い満水にする。

5:長期満水保存法で1か月以上の期間保存する場合、窒素によるシールを併用する方法をとると、過熱器、エコノマイザ、給水加熱器等に対しても防食効果がある。

解答と解説

H22後期-A-問20

蒸発量が1日3tの炉筒煙管ボイラーに塩化物イオン濃度が14mg/リットルの給水を行い、10kg/hの連続吹出しを行う場合、ボイラー水の塩化物イオン濃度の計算上での近似値は、次のうちどれか。

1:150mg/リットル

2:170mg/リットル

3:190mg/リットル

4:210mg/リットル

5:230mg/リットル

解答と解説

スポンサーリンク

Home > H22後期問題と解答・解説 > ボイラーの取扱い(A11~A20)

Page Top

© 2011-2017 過去問.com